環境保全センターTOP

事務室からのお知らせ

《実施中》



《2019年度 実施済み》

PRTR制度を通じた化学物質の排出量等の調査 
廃薬品類及び不明廃薬品類の処分数量調査(第1回目)
ポリ容器(廃液タンク)の処分数量調査
不用アスベストの処分数量調査
指定ポリ容器の購入数量調査


《未定》
廃棄する予定の特殊ガス容器の数量調査


PCB(トランス油)分析】  処理期限についてこちらをご覧ください。
 「PCB分析依頼書に必要事項をお書きの上FAX(022-795-7530)までお送りください。
 
 *『保全センター利用の手引き』P51〜52付表1-5のPCB使用機器
 *『日本POPs(残留性有機汚染物質)ネットワーク』。
 *『変圧器(トランス)などの重電機器からの微量のPCBの検出について(最終報)
                                  平成15年11月26日  環境省
 受付から報告書・請求まで従来通りの「不明廃液」と同様です。
 検査料金
 保管中のトランス油・・・・・1サンプル10,000円
 
この他につきましては、別途資料調整料金をいただきます。
 
ページ先頭に戻る

アスベスト調査】

 実験等のアスベスト測定分析につきましては、申込用紙に記載し、FAXにて受け付けます。
 建物アスベストについきましては詳しくは施設部へ問い合わせ願います。
 
 ・建築物のアスベストに関する窓口
   施設部計画課長(TEL 022-217-4941)
 
 ・健康に関する相談窓口
   保健管理センター所長 (TEL 022-795-7835)


ページ先頭に戻る

不要アスベストの処分数量調査について】   
※例年7〜8月に各部局に照会


ページ先頭に戻る

PRTR制度を通じた化学物質の排出量等の調査について】
※例年2月に各部局に照会

 平成30年度のPRTR制度を通じた化学物質の排出量等の調査は2月頃を予定

ページ先頭に戻る


処分したい廃液ポリ容器の数量調査予定
※例年5〜6月に各部局に照会し,9月に回収予定

 平成30年度における廃棄ポリ容器の数量調査及び回収は完了。

ページ先頭に戻る


【指定ポリ容器補充(購入)のための数量調査について
※例年6〜7月に各部局に照会し,9〜10月頃に納品

 平成30年度 指定ポリ容器補充のための数量調査及び納品は完了ページ先頭に戻る

【廃薬品類並びに不明廃薬品類の処分数量調査について】
※第1回目は,6月頃に各部局に照会し,8月上旬に回収予定
  第2回目は10月頃に各部局に照会し,12月上旬に回収予定



廃薬品類の申請・処理について(PDF) 
別紙1  廃薬品の申請から処理までのフロー(PDF)
別紙2-1 廃薬品類リスト(excle)
別紙2-2 不明廃薬品類リスト(excle)
記入例 廃薬品類リスト_2-2不明廃薬品類リスト(PDF)
別紙3
 廃薬品の梱包と検量について(PDF)


 ページ先頭に戻る


【廃棄予定とする特殊ガス容器の処分数量調査について】

2018年度 廃棄予定の特殊ガス容器の数量調査及び処分は完了。


ページ先頭に戻る

最終更新 : 2019年5月31日

東北大学環境保全センターホーム   東北大学廃液管理システム運用ホームページ    東北大学ホームページ



東北大学環境保全センター
〒980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-04

このページは国立大学法人東北大学環境保全センターが作成し管理運営しています。
(C)2006 Environment Conservation Center Tohoku University.

事務からのお知らせ
 事務スタッフ問い合せ
  申し込み用紙一覧

    ・ PCB分析

    ・アスベスト

    ・不明廃液分析

HOME

環境保全センター案内

実験廃棄物処理

学内分析

サイトマップ

アクセス

リンク