環境保全センターで扱う実験廃棄物

 環境保全センターでは,薬品を用いた教育・研究によって生じる有害な廃棄物の処理を行っています.実験廃棄物の種類は廃液と廃薬品に大きく分類され,それぞれ排出方法が異なりますので,センターで指定する方法に従い,正しく排出して下さい.

1.廃液
 各種有機溶媒,廃油,薬品や重金属の溶液など,有害な物質を含む液体の廃棄物で,センターの処理施設で燃焼,熱分解,および重金属除去等の無害化処理を行います.
排出方法は「実験廃液の排出方法」をご覧下さい.

2.廃薬品
 不要となった試薬類,薬品が付着した固形物(ウェスや容器等),使用済みのシリカゲル等が該当します.環境保全センターで全学の廃薬品を取りまとめ,一括して処理業者と契約します.
排出方法は「廃薬品の排出方法」をご覧下さい.

実験廃棄物処理

 センターで扱う実験廃棄物
 実験廃液が生ずる前の準備
 実験廃液の排出方法
 廃液管理システムの使用方法
 廃薬品の排出方法
 廃液区分表
 不明廃液の排出方法
 よくある質問(FAQ)
 廃液処理設備の概要
 廃液相談メールフォーム
 
 
 
 
 

 


 

HOME

環境保全センター案内

実験廃棄物処理

学内分析

サイトマップ

アクセス

リンク