環境保全センターTOP
センターのサービス

指定ポリ容器の補充について
処分したい廃液ポリ容器の処分について
不用薬品の処理について
不明廃液の分析について
センターの見学
労働安全衛生講習会 実験廃液処理実務講習会
センターへの問い合わせ


指定ポリ容器の補充について
(廃液の分類別にポリ容器の色を指定している 分別区分表を参照)

 平成6年度の処理プラント全面整備更新の際、自動化されポリ容器のサイズも規格化されました。
 センターではこれを機に全面的に規格化を計画し、ポリ容器の側面に「東北大学」「環境保全セン
 ター」の名を入れ、一括購入を行っております。年1回数量調べを行い、不足を補充しております。
 なお、センターには常時各色ともに多少の在庫があるので、詳しくは部局担当者にお尋ねください。
 
 :劣化や破損したポリ容器は使用しないでください。
 :ポリ容器の補充についての詳細はこちらをご覧下さい。


処分したい廃液ポリ容器について
(実験廃液等や汚泥の入っていない空のポリ容器)
 
 劣化や破損したポリ容器は事故の元になるので使用しないで処分してください。
 処分業者は環境を考え適正に処分、無害化処理又は再利用する業者を選定し、処分法は現在、
 破砕しその後リサイクルを行う業者にお願いしております。
 当センターでは年に1回数量調べを行い、処分をしております。
  
 :目安として平成10年以前のポリ容器については切り替えてください。
 :ポリ容器の廃棄及び製造年月についての詳細はこちらをご覧下さい。

  

ページ先頭に戻る


不用薬品の処分について

 不用薬品の処理は例年7月から8月にかけて全学的に処分を計画しております。詳しくは各部局担
 当者にお尋ねください。
 なお、処理は信頼のある専門業者に委託しております。


ページ先頭に戻る


不明廃液の分析について

 実験廃液は年々多様化傾向を示し、最近特に内容の分からない廃液に関する問い合わせが多数あ
 りますが、センターでは内容の分からない廃液を処理することは出来ません。
 その場合、不明廃液の分析としてセンター事務にて受け付けております。
 分析依頼手続きは部局事務担当に連絡をとり、所定の「不明廃液分析依頼書」に記入し、センターに
 申込みください。後日、センターからサンプリング日時の連絡をいたします。
 サンプリングは、部局事務担当者、研究室の方立会いのもとでセンター技術員が行います。
 なお、サンプリングに必要な器具類はセンターで用意します。


ページ先頭に戻る



環境保全センターの見学

 理工系の学生さん対象に、実験廃液の処理現場の見学と環境関係分析の実際について簡単な説明を
 行っております。なお,予約は電話連絡で

労働安全衛生講習会 実験廃液処理実務講習会

 センターでは学内に向けて、実験廃液処理実務講演会を行っております。
 詳しくはこちらを御覧ください。

 講習会の資料をご希望の方は、お気軽にセンターにご連絡ください。


ページ先頭に戻る



センターへの問い合わせ・相談

 廃液および廃液管理システムに関しての相談は記録保存の意味でmailでお願いしております。

・廃液(廃液分類,廃棄,その他)に関するメールでの問い合わせはこちら
・廃液管理システム(タンク登録,伝票作成,差戻し,その他)に関するメールでの問い合わせはこちら
急ぎの場合 Tel: 795-3782 菊池または富樫
緊急で菊池または富樫が不在の場合 Tel: 795-4321  青柳または齋藤(環境保全センター事務)
最終更新 : 2017年8月6日

東北大学環境保全センターホーム   東北大学廃液管理システム運用ホームページ    東北大学ホームページ



東北大学環境保全センター
〒980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-04

このページは国立大学法人東北大学環境保全センターが作成し管理運営しています。
(C)2006 Environment Conservation Center Tohoku University.

環境保全センター案内
職 務 内 容
センターのサ−ビス
センターからのお願い
センター利用の各料金
センターのスタッフ
分析機器
大学の研究活動に関わる
関係法規
センターへ問い合わせ

HOME

環境保全センター案内

実験廃棄物処理

学内分析

作業環境測定

サイトマップ

アクセス

リンク